MENU

ホーム・ご挨拶
はじめに
概要
帝国陸軍の軍資金
大量の金塊
私の情報源
丸福金貨
マルコス ゴールド
財宝ビジネス
ルバング島
サンタロマナとは?
M資金

写真
地図

財宝回収計画の提案
    
   
 

サンタロマナ

この名前をご存知でしょうか?ご存知であれば貴方は余程のフィリピン通であり、、財宝通です。この人を語らずしてフィリピンに在る財宝の真実に触れる事は出来ません。


サンタロマナ・・・またの名をフィッシャーキングまたはアントニオディアス。


彼はマルコスの妻、イメルダの義理の父親です。この辺から胡散臭いです。


順を追って紹介しましょう。


戦前からの話になります。日本がアジアに進出を決めた時、アジアに基金を作りました。大東亜共栄圏を作る為の応援組織です。アジア諸国のローヤル ファミリーが中心です。資金は金塊で日本からです。皇室の財宝が使われたと言われています。日本は収奪だけの欧米諸国と違って、進出した(侵略とは言いたくあり ません)国々にはインフラを整備し、学校、工場を作りました。戦後のアジア諸国の独立の準備が出来たわけです。


この基金の中心人物がサンタロマナでした。サンタロマナはスペイン系です。しかし、彼はガッチリとアメリカと組んでいました。その頃からCIAの前身たる組織員としてです。


アメリカは日本との戦争を望んでいたのです。


戦後直ぐにフィリピの財宝を回収したのはサンタロマナです。彼の口座はCIA長官名義に変えられています。この事実は既に公文書がアメリカで発表されています。


サンタロマナと日本の機関は関係があります。


マルコスを財力で大統領にしたのはサンタロマナです。


日本の機関は財宝回収中はマラカニアン宮殿に寝泊りしていました。そこには何時もサンタロマナが居ました。


フィッシャーキング、アントニオディアスは彼の秘密金口座の口座名です。フィッシャーキングは横文字で書かないほうが良いでしょう。エンロンに察知されます。


サンタロマナの娘が父親の口座を相続するとスイスの銀行と交渉した挙句、彼女はスイス銀行協会のブラックリストに載りました。


彼の口座は秘密口座です。事前に死んだ時の取り決めがしてあるはずです。銀行は交渉には乗りません。


マルコスがマラカニアンからアメリカに逃げる時、宮殿内の書類が散乱しました。私はCIAに協力したフィリピンの小母さんにマルコスが金を海外に輸 出した時のセントラルバンク(中央銀行)の輸出許可書のコピーを持っています。そして、その中にマルコスとサンタロマナの口座のリストが有りました。マル コスがフィリピンから逃げる前数年間に金塊はアメリカのニュージャージに送られそこからスイス等のブリオンバンクに口座が開設されています。


サンタロマナはマラカニアン宮殿内を半ズボンと言う軽装で自由に歩き回っていました。大統領の舅さんであり、アメリカと強い繋がりが有り、日本人を連れてきて財宝を回収したのですから・・・当然ですね。